ティソ「TISSOT」時計の評価が良い!既にレースシーンで証明されていた!

ティソ

1960年代からモータースポーツと深く関わり、そこからインスピレーションを得たモデルが発表されています。

ティソとレースの関係は現代にも受け継がれ、サーキットかわ生れた限定クロノが登場しているのです。

今回は、レースシーンで評判が良いティソ「TISSOT」時計の評価が良い理由についてお話します。

スポンサーリンク

 

名門レースを支える「ティソ」の聖域

サーキットを疾走する車やバイクが、タイムを競う!

レーシングスポーツは、時計の機構やデザインに様々な影響を与え続けてきました。

ティソもまた、レーシングスポーツとの関わりは深いです。

 

例えば1960年代には、フランスのアルピーヌ社とスポンサーシップを締結しました。

1973年にモンテカルロラリーを制した伝説の名車アルピーヌA110、そして1978年にル・マン24時間レースで圧勝したアルピーヌA442bの車体には、TISSOTの文字があり、栄光の歴史を共に刻んだのです。

 

そして2015年、伝説のパートナーシップが、再び結ばれました。

ティソは、2015FIA世界耐久選手権に出場するシグナテック‐アルピーヌのチームスポンサーの一つに決定しました。

 

ティソPRS516」は、2カウンターのクロノグラフで、1960年代当時のヴィンテージ感をまとっています。

同時にセラミックやカーボンといった現在の新素材で、新たなるパートナーシップが表現されてもいるのです。

スポンサーリンク

ティソはバイクロードレースへ展開

カーレースだけではありません。

ティソは2001年からバイクによるロードレース世界選手権モトGPのオフィシャルタイムキーパーを務めています。

 

ティソTレース」は、そこから生まれたコレクションで、そのコラボ限定モデルは、毎年の恒例です。

ブラック×レッドという情熱的なカラーリングの3カウンター機械式クロノがかっこいいですね。

車とバイクそれぞれにコンマ何秒を競う過酷なレースシーンからインスピレーションを得て生まれた、ティソのこれらの限定クロノグラフは、1秒の重みを知り、正確な時を刻むのです。

 

ティソ PRS516

古典的な2つロクロノが、力―ボン製ベゼルなど、最新素材で現代的な装いになりました。

機構とデザイン、素材とで1960年代と今とが交錯します。

ベセルにはタキメーターを刻んでいます。

・自動巻き

・径45mm

・SSケース

・カーフストラップ

・定価22万5000円

 

60時間駆動の高性能ムーブ

搭載するムーブメントは同じグループ傘下にあるETAのCal.A05.H31です。

高効率化を図った設計で、約60時間のパワーリザープを叶えています。

スポンサーリンク

MOTO GP ティソTレース 元GP2015限定モデル

特徴的なベゼルのフォルムは、バイクのブレーキディスクがモチーフとなっています。

日付拡大レンズとリューズガードとを一体化させたデザインも巧みです。

ストラップにレッドのレーシングストライブが貫かれ、ブラックダイヤルにもレッドが効いています。

限定3333本

・自動巻き

・47.25✕45mm

・SSケース

・ラバーストラップ

・定価14万6000円

 

ムーブの見せ方

ケースの裏面にはホイール型のプレートをセットしています。

裏でもレースの世界観を表現しています。

 

ヘルメット型ボックス

専用ボックスは、モトGPのヘルメット型です。

自動巻きモデル用にはワインダー機能も搭載されています。

 

ティソ「TISSOT」という腕時計はレースファンには欠かせない必須アイテムとなっています。

コメント