IWCの読み方って!?インター時計はやっぱりポルトギーゼがおすすめ!

IWC

IWCの腕時計。読み方は知っていますか?

 

1990年代まで、IWCの正式な社名は、「lnternational Watch Company」でした。

古くからのファンが「インター」と呼ぶゆえんがここにありました。

 

他には、「アイ・ダブリュー・シー」なんて呼ばれることも。

でもやっぱり、「lnternational Watch Company」のインターが多く普通に通じるのが時計業界です。

インター時計はやっぱりポルトギーゼがおすすめな理由についてお話しします。

スポンサーリンク

 

IWCポルトギーゼのおすすめポイント

縦2つ目のクロノグラフが大ヒットしたせいか、ポルトギーゼ=クロノグラフのイメージを持つ人も多いが、実はスモールセコンドの3針こそオリジナルなのです。

1930年代半ば、ポルトガル人から「マリンクロノメーター並みの腕時計を」との依頼で生まれたモデルです。

そこで当時最高精度の懐中時計用ムーブメントを用いて生まれたのが、初代ポルトギーゼです。

 

ゆえにケースも大きく、ビッグ・ウォッチの先駆けとなりました。

初代モデルは長く幻の存在だったが、個人コレクターの所蔵品から発見され、そのダイヤルが蘇りました。

 

その復刻モデルも1980年代まで使われた、旧社名を筆記体で描いたロゴも再現しています。

文字盤は、RGモデルの方がオリジナルに近い形になります。

スポンサーリンク

IWC ポルトギーゼ・ハンドワインド・エイトデイズ「75thアニバーサリー」

外周にレイルウェイを置き、内側に3つのアラビア数字を配置します。

初代のタイヤルをそのままなぞらえています。

スリムなリーフ型針も同じで、違いは6時位置の日付表示です。

限定175本

 

・手巻き.

・径43mm

・18KRGケース

・アリゲーターストラップ

・定価217万5000円.

 

SSモデルのダイヤルカラーは、オリジナルとは異なる黒です。

しかしケース素材はオリジナルと同じです。

 

限定750本

・定価118万5000円

 

IWC ポルトギーゼ 1939オリジナル

モデル名はポルトカル人の意になります。

注文主のポルトカル人に納めたオリジナルモデルがコレクターの所蔵品に見つかり復刻へとつながりました。

壊中時計用の大型ムーブを積み、ケースも大振りでした。

コメント