世界三大時計のオーデマピゲ!高級時計として君臨する人気と魅力とは

世界三大時計のオーデマピゲ!高級時計として君臨する人気と魅力とは

 

40年以上にわたリカリスマ的人気を誇る「ロイヤルオーク」。

なぜこのモデルが衝撃をもって迎えられ、元祖ラグジュアリースポーツ・ウォッチと呼ばれるようになったのでしょうか。

その開発から現在までを見ていきたいと思います。

今回は、世界三大時計のオーデマピゲ!高級時計として君臨する人気と魅力についてお話しします。

スポンサーリンク

かつてないスタイルの高級時計がデビュー(1972年)

SSを採用した世界初のラグジュアリースポーツ・ウォッチとして、1972年に誕生した「ロイヤルオーク」。

英国艦船の船窓を彿彿させる8角形ベゼル、ベゼルから裏蓋まで貫くビス留めスクリュー、ケースー体型のブレスなど、高級時計の既成概念を覆す斬新な仕様と構造が特徴でした。

 

 

エレガントな小ぶりの3針タイプ(1977年)

デビューから5年後に発表された「ロイヤルオークデイト(Ref.4100/477)」。

 

オリジナルよりもひと回り小ぶりなモデルで、8角形ベセルや一体型ケース構造といった基本スタイルを継承しながら、文字盤上のディテールなどをチェンジしました。

また、2針から3針へと変化を遂げました。全体的によりエレガントな印象となっています。

 

<バージョンUP点>

搭載ムーブメントが2針のCJ.2121からセンター3針のCJ.2123に変更されました。

ケース径は39mmから36.4mmヘサイズダウンしています。

インデックスの12時位置にAPロゴ、他の部分にはスクエア型のダイヤを配置しました。

 

貴重なレクタン型のクォーツモデル

同じく77年発表の「レクタンギュラーロイヤルオーク」。

70~ 80年代に登場した角型のファーストモデルです。

搭載するのはクォーツのCa1 2511。SS×18KYGのコンピケースで、縦長の8角形ベゼルは4つのリベットで固定されています。

スポンサーリンク

レアなケース&ストラップ仕様(1993年)

オリジナルから派生した「ロイヤルオーク(Ref。14800/0009)」。

 

バネ棒式のレザーストラップを備えた、シリーズ中もっともユニークなケーススタイルの1本です。

特殊な形状のタンタル製ミドルケース上に、18KPGの8角形ベセルを設置しています。

また、通常とは仕様が異なるピンクダイヤルも、ひと味違った雰囲気を醸し出しています。

 

<バージョンUP点>

自動巻きのCal.2125を搭載しています。

タンタル×18KPGのコンビケースおよび、ブラックのレザーストラップを採用しました。

文字盤にはタペストリー装飾は施さず、外周にレイルウェイインデックスをセットしています。

 

繊細なデザインのアナログ式カレンダー

83年に発表:れたポインター式のカレンダーモデルです。

文字盤の3時位置に日付、9時位置に曜日表示を置き、それぞれアナログ針で指しています。

自動巻きのCal.2124/2810を搭載し、ケース・ブレスともSS×18KYGのコンビ仕様となっています。

スポンサーリンク

開発時の困難を乗り越え新機軸を打ち立てた名作

オーデマピゲがのちに「ロイヤルオーク」として発表するステンレススチール製の新作を、一部の関係者に公開したのは1971年のことです。

 

そのときはまだ正式名称はなく、「サファリ」という愛称で呼ばれていました。時計界屈指の名門である同社にとり、この新作を開発することはまさに冒険でした。

当時、高級メーカーのケース素材といえば金無垢が常識です。なにより、同社にとってスポーツ時計を手がけること自体初めてだったのです。

 

デザインを担当したのは当時気鋭といわれたジェラルド・ジェンタ。

 

彼はインパクトある8角形のベゼルから、ブレス一体型のミドルケース、裏蓋までを8本のスクリューが貫く、まったく新しいケース構造を生み出しました。

さらに文字盤には「タペストリー」と呼ばれる独特のギョーシエ彫りを採用しました。

 

翌年、この斬新な高級時計が世に登場すると、賛否両論あった前評判を覆し、イタリアを出発点に世界中で大好評となりました。

 

ファーストの成功を受け、ロイヤルオークはしだいにラインナップを拡大します。

70年代後半には自動巻きの3針とレディス、角型のクォーツ、知年代に入るとパーペチュアルカレンダーやクロノグラフ、90年代には「オフショア」といったヒット作を続々と放ちました。

 

そして近年は、デザイン・サイズ・搭載ムーブともオリジナルに忠実な復刻モデル、基本スタイルを堅持しつつモダンな要素を盛り込んだ「オートマティック」の登場が記憶に新しいところです。

これまでリリースした派生モデルは700種以上になります。

業界の「常識」を打ち破り、今が旬のラグジュアリースポーツの礎を築いた偉大なモデルです。

スポンサーリンク

オリジナルに忠実な2針が復活(1999年)

1999年にリリースされた「ロイヤルオーク(Ref.15202/944)」。

 

オリジナル同様、自動巻きの薄型Cal.2121を搭載した2針モデルであり、ケースサイズもまったく同じ39mmを採用しました。

さらに、バトンタイプの針やインデックス、12時位置の2段ロゴなども取り入れ、オリジナルデザインが忠実に踏襲されています。

 

<バージョンUP点>

ホワイト文字盤に施された装飾は、オリジナルよりもパターンが大きめな「クランド・タペストリー」。

またケース裏には、搭載ムーブメントを見て楽しめるサファイアクリスタル製のシースルーバックを導入しました。

スポンサーリンク

ファーストモデルを完全復刻

誕生40周年の2012年に発表。

Cal.2121搭載に加え、パターンの細かい「プチ・タベストリー」や6時位置のAPマークを復活させるなど、72年の初代をパーフェクトに再現しました。

・自動巻き

・径39mm

・SSケース&ブレス

・定価225万円

モダンに進化を遂げた現行機(2012年)

2012年に登場したレギュラーの現行ライン「ロイヤルオーク・オートマティック(Ref.15400 1220)」。

 

現代の使用に則したチューンナンプが随所に施されているのが特徴です。

その一方で、8角形ベセルや裏蓋一体型のケース構造などはキープし、不変の人気モデルとして君臨しています。

 

・自動巻き

・径41mm

・SSケース&ブレス

・定価180万円。

スポンサーリンク

<バージョンUP点>

22Kコールド製ローターを擁したCal.3120を新たに採用しました。文字盤は「グランド・タペストリー」パターンのブラックカラーで、ケースとフレスがいっそうエッジの立ったシャープなデザインとなりました。

 

搭載するのは自社製Cal.3120です。

回転効率を考慮した22Kゴ一ルド製の自動巻きローターを備えています。

その精緻で美しい動作は、ケース裏のシースルーバックを通して監賞することができます。

オーデマピゲカテゴリの最新記事